プレミア前夜祭

スペシャルコンサートに対談、講演など、様々なプログラムをご用意。
オンラインで視聴できるチケットも11/27より発売。
詳しくはチケットページをご覧ください。

※「お城EXPO 2020 プレミア前夜祭」では、ほかのフロアの展示物観覧はできません。

12月18日(金) タイトル 出演者/登壇者
18:30〜19:00 弦楽カルテットによるスペシャルコンサート(戦国時代ドラマ テーマ曲) 1Vn 横山和加子 (東京都交響楽団 ヴァイオリン奏者)
2Vn 酒井幸 (東京都交響楽団 ヴァイオリン奏者)
Va 樋口雅世(東京都交響楽団 ヴィオラ奏者)
Vc 松岡陽平(東京都交響楽団 チェロ奏者)
19:00〜20:00 「大河ドラマ『麒麟がくる』をふりかえって」 小和田哲男(日本城郭協会理事長)
小和田泰経(歴史研究家・日本城郭協会理事)
20:00〜21:00 城と古戦場調査の方法 平山優(歴史学者)
  • 18:30〜19:00弦楽カルテットによるスペシャルコンサート(戦国時代ドラマ テーマ曲)

    昨年好評だったスペシャルコンサートが今年も開催決定!
    この日のために集まったスペシャルな弦楽カルテットによる、お城にゆかりの深い戦国時代ドラマのテーマ曲などを演奏するミニコンサートです。
    お城の写真とともに、名曲の数々をお楽しみください。

    1Vn 横山和加子(東京都交響楽団 ヴァイオリン奏者)

    桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽部卒業。同大学研究科修了。 ‘93多摩フレッシュ音楽コンクール入選。第1回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール入選。サイトウ・キネン・オーケストラ’97ヨーロッパツアーに参加。宮崎国際室内楽音楽祭参加。世田谷美術館プロムナードコンサートにてリサイタル。川口リリアの「ブラームスの室内楽」シリーズで、ブラームス ヴァイオリンソナタ全曲リサイタル。2006年より東京都交響楽団に在籍。これまでに、村井陽子、田澤明子、江藤アンジェラ、故江藤俊哉の各氏に師事。

    2Vn 酒井幸(東京都交響楽団 ヴァイオリン奏者)

    東京都出身。5歳より才能教育にてヴァイオリンを始める。桐朋学園大学音楽学部卒業、同大学研究科修了。第4回全日本芸術音楽コンクール第2位(最高位)。第5回蓼科音楽コンクールin東京第2位。第12回大阪国際音楽コンクール入選。2019年より東京都交響楽団に在籍。

    Va 樋口雅世(東京都交響楽団 ヴィオラ奏者)

    東京芸術大学音楽学部卒業、シンシナティ大学音楽院修士課程修了。
    全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門中学校の部大阪大会第1位受賞。長野アスペン音楽祭にて茂田賞受賞、ABC新人オーディション合格。芸大モーニングコンサート出演、同声会賞受賞。米国アスペン音楽祭フェローシップ参加、ジェラルディン・ジー国際基金ヴィオラコンクール第1位受賞。2003年ライオネル・ターティス国際ヴィオラコンクール特別賞受賞。ヴァイオリンを曽我部千恵子、工藤千博、小栗まち絵、清水高師、若林暢、塚原るり子各氏、ヴィオラを川崎雅夫、キャサリーン・キャロル、シカゴ交響楽団副首席奏者リークオ・チャン、同楽団ローレンス・ニューマン各氏に師事。室内楽をフェルメール・カルテット第1ヴァイオリン奏者シュムエル・アシュケナージ氏に師事。2009年に帰国するまでオレゴン交響楽団、シカゴ・グラントパーク音楽祭オーケストラ、IRISオーケストラ団員。

    Vc 松岡陽平(東京都交響楽団 チェロ奏者)

    東京藝術大学附属高校卒業、桐朋学園音楽科ディプロマ・コースに学ぶ。東京ゾリステン(室内合奏団)で6年間首席奏者を務める。その後、シャンソンやタンゴのバックバンドで演奏するほか、現代音楽の演奏家としても活躍する。1991年に都響へ入団。オーケストラのメンバーとしての活動のほか、各地でソロや室内楽のコンサートに出演している。近年は横浜において、自主企画のリサイタルやピアノ・トリオのコンサートを数多く開催。

  • 19:00〜20:00「大河ドラマ『麒麟がくる』をふりかえって」

    2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」も佳境に入ってきました。時代考証としてこだわった場面、実は史実と異なる場面、今までのドラマとは違う描かれ方をした場面などをとりあげつつ、明智光秀の人物像について縦横無尽に語り合います。もし気になった場面があれば、その場で質問してください。双方向なやりとりも含め、和気あいあいとしたトークショーにしたいと考えております。

    小和田哲男(日本城郭協会理事長)

    1944年 静岡市に生まれる
    1972年 早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了
    現在 静岡大学名誉教授、文学博士、公益財団法人日本城郭協会理事長

    専門は日本中世史、特に戦国時代史で、主著『後北条氏研究』『近江浅井氏の研究』のほか、『小和田哲男著作集』などの研究書の刊行で、戦国時代史研究の第一人者として知られている。また、NHK総合テレビ「歴史秘話ヒストリア」およびNHK Eテレ「知恵泉」などにも出演し、わかりやすい解説には定評がある。
    NHK大河ドラマでは、1996年の「秀吉」、2006年の「功名が辻」、2009年の「天地人」、2011年の「江~姫たちの戦国~」、2014年の「軍師官兵衛」、2017年の「おんな城主 直虎」で時代考証を務め、2020年の「麒麟がくる」も担当している。

    主な著書
    『戦国の城』(学研M文庫 2013年)
    『黒田官兵衛 智謀の戦国軍師』(平凡社新書 2013年)
    『戦国史を歩んだ道』(ミネルヴァ書房 2014年)
    『戦国武将』(中公文庫 2015年)
    『名城と合戦の日本史』(新潮文庫 2015年)
    『戦国武将の実力』(中公新書 2015年)
    『東海の戦国史』(ミネルヴァ書房 2016年)
    『家訓で読む戦国 組織論から人生哲学まで』(NHK出版新書 2017年)
    『戦国武将列伝100 戦国時代に何を学ぶか』(メディアパル 2018年)
    『明智光秀・秀満』(ミネルヴァ書房 2019年)
    『戦国武将の叡智』(中公新書 2020年)

    小和田泰経(歴史研究家・日本城郭協会理事)

    静岡英和学院大学講師、日本城郭協会理事、歴史研究家。
    1972年生。國學院大學大学院 文学研究科博士課程後期退学。専門は日本中世史。

    専門は日本中世史、特に戦国時代史で、主著『後北条氏研究』『近江浅井氏の研究』のほか、『小和田哲男著作集』などの研究書の刊行で、戦国時代史研究の第一人者として知られている。また、NHK総合テレビ「歴史秘話ヒストリア」およびNHK Eテレ「知恵泉」などにも出演し、わかりやすい解説には定評がある。
    NHK大河ドラマでは、1996年の「秀吉」、2006年の「功名が辻」、2009年の「天地人」、2011年の「江~姫たちの戦国~」、2014年の「軍師官兵衛」、2017年の「おんな城主 直虎」で時代考証を務め、2020年の「麒麟がくる」も担当している。

    主な著書
    『家康と茶屋四郎次郎』(静岡新聞社、2007年)
    『戦国合戦史事典 存亡を懸けた戦国864の戦い』(新紀元社、2010年)
    『兵法 勝ち残るための戦略と戦術』(新紀元社、2011年)
    『天空の城を行く』(平凡社、2015年)ほか多数。

  • 20:00〜21:00城と古戦場調査の方法

    私は、文献史学を専門とする歴史学者であるが、現地調査を何よりも重視している。しかしながら、論文や著書を執筆するための調査に当たって、私は城の縄張りなどに熱中することは、まずない。縄張りの図面は、名だたる城郭研究者の成果に依拠している。では、文献史学者の現地調査とは、何に着目しているのか。それは、古文書や記録を手掛かりに、古道、地形、遺跡、石造物、寺社など様々な歴史資料への目配りを行いつつ、城や古戦場を取り巻く環境の分析に意を尽くすことに、すべての注意を注いでいるといってよい。では、具体的に、どのような調査をしているのか。その一端をお話ししたいと思う。

    平山優(歴史学者)

    1964年生
    山梨県埋蔵文化財センター文化財主事、山梨県史編纂室主査、山梨大学非常勤講師、山梨県立博物館副主幹を経て、現在、山梨県立中央高等学校教諭
    2016年大河ドラマ「真田丸」の時代考証を担当

    主な著書
    『武田信玄』『長篠合纖と武田勝頼』(吉川弘文館)
    『戦国大名領国の基礎構造』(校倉書房)
    『天正壬午の乱[増補改訂版]』(戎光祥出版)
    『山本勘助』(講談社)
    『真田三代』(PHP研究所)
    『武田氏滅亡』(KADOKAWA)
    『戦国の忍び』(KADOKAWA 2020年)
    ほか多数

さらに会場では下記プログラムも!

※下記プログラムは、会場のみとなります。オンライン視聴チケットではご参加いただけません。

  • お城EXPO公式グッズ 先行発売

    会場では、特別にお城EXPOの公式グッズの一部を先行販売。

  • アプリ「ニッポン城めぐり」ブース

    プレミア前夜祭でも、「姫の心を捉えよ!」を開催。
    一足早くゲームに参加&姫の登用ができる!

  • 国宝五城オリジナル御城印プレゼント

    路上詩人こーたさんによる書き下ろし「国宝五城オリジナル御城印」のプレゼントを今年も開催。
    配布方法は後日ご紹介!

ページの先頭へ