ワークショップ

12月22日(金)
15:00〜16:00 「戦国」の威風が残る「明石城」を語る

お城ジオラマ復元堂は、この度(一社)明石観光協会より「明石城」の復元ジオラマの製作を受諾しました。大坂の陣後に築かれた明石城は当時の戦いのノウハウが詰まった最先端の城でした。「城郭復元マイスター」として活躍する二宮氏が復元した明石城のジオラマをもとに真の明石城の姿に迫ります。

登壇者

城郭復元マイスター 二宮博志

17:00〜18:00 城郭写真家・畠中和久のお城撮影講座2017

全国のお城を巡る城郭写真家・畠中和久が「今年撮影したとっておきの城、撮影秘話」などを豊富な写真作品とともにアツく語ります。「すぐにでもカメラを持ってお城にいきたくなる!」知ってるつもりで実践していない撮影テクニックを伝授。また、お城好き玄人向けに「ドローンを駆使した最新の城郭写真」航空法を遵守しながら楽しく撮影する方法を。他にも過酷な撮影秘話を交えたココでしか聞けない撮影法も披露いたします。

登壇者

城郭写真家 畠中和久

19:30〜20:30 訪城数“日本一”の夫妻が語る!山城の攻め方&歩き方

「訪城数日本一」の夫妻であり、人気サイト「埋もれた古城」「ちえぞー!城行こまい」を運営するウモ&ちえぞーさんがお城EXPOに初登場!1日10城以上巡るという城攻めのプランニングから山城歩きには欠かせない秘密道具、そして縄張図の描き方まで、この場で大公開。さらに、6000城近く見ている2人が「本当にオススメ」の城とその見どころを語ります。コーディネーター役は、かみゆ歴史編集部の滝沢が務めます。

登壇者

ウモ&ちえぞー(本間夫妻)、滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

12月23日(土)
13:00〜14:00 真田紐で作るクリスマスリース

戦国時代の武将、真田幸村も愛用していたと伝えられ、別名「SAMURAI RIBBON」とも呼ばれる真田紐。何百年と続くその真田紐を長く受け継ぎ、守っている「織元すみや」によるクリスマスリース作りです!
※有料:1つ1500円

登壇者

織元すみや

14:30〜15:30 オリジナルお城年賀状を作って投函しよう!

日本が誇る年賀状文化。このワークショップでは「お城」をテーマに、世界にひとつだけの年賀状を作成します。お子さまに年賀状を書く楽しみ・喜びを体験していただくイベントです。宛先の書き方から、ステンシル・消しゴムスタンプを使った絵柄の入れ方までレクチャーします。会場には模擬ポストを設置しており、ポストに差し出す体験が出来ます。お子さまと是非ご参加ください。

登壇者

日本郵便株式会社 南関東支社

15:00〜16:00 ダンボール甲冑体験

「着れちゃう!ダンボール」は、あらかじめ切れ込みの入った段ボールパーツをくりぬき、折りたたんで組み合わせ、プラ製のジョイントパーツで繋げるだけで甲冑を作れてしまう、道具不要の工作キットです。その名の通りダンボール製でとても軽いため、簡単に作れて着て遊ぶことができる本商品ですが、よりかっこよく作るにはほんの少しのコツがあります。そのコツをインストラクターが紹介しながら一緒に組み立てていきます。
※有料:子供用2,480円、大人用2,980円(税別)

登壇者

ショウワノート(株)

16:00〜17:00 お城イラストの描き方

お城を絵にしてみませんか!『歴史群像』の連載などで、城の復元イラストを多数描いてきた講師が、お城を描くノウハウを伝授します。前回もご好評いただいたこの講座、今回はさらにパワーアップして名城にチャレンジ!織豊期の城をテーマにします。お城をかっこよく描いてみましょう。

登壇者

お城イラストレーター 香川元太郎

16:30〜17:30 新刊記念!萩原さちこ「天守トークショー」

私たちはなぜ、天守に魅了されるのでしょうか。知・美・技という観点から天守の魅力を解き明かした、講談社より発売の最新刊トークショーです。「姫路城はなぜ白い?」「国宝になった松江城の特殊構造って?」「松本城はいつ完成した?」「彦根城がリサイクル天守なのはどうして?」。天守の魅力を一緒に再発見しましょう。おすすめのシーズン、注目ポイント、鑑賞のコツもお話します。

登壇者

城郭ライター・編集者 萩原さちこ

12月24日(日)
11:00〜12:00 あじろ編みで小物入れをつくろう!

古くは縄文時代の遺跡からも見つかっている、あじろ編みの小物入れ。戦国時代では団扇としても、民家の壁や行李、笊、籠といつの時代もくらしの中でたくさん使われてきたあじろ編みの技術。今回はクラフトバンドを素材に編み上げて小さな小物入れを作ります。博物館でも人気のワークショップであじろ編みの基本を学びましょう!
※有料:1つ500円

登壇者

れきし工房(横浜市歴史博物館)

13:00〜14:00 手作り甲冑使用の金襴地で作るミニ兜

ボール紙で本物さながらの甲冑を制作している松戸手作り甲冑愛好会による甲冑の作り方の紹介と、手作り甲冑にも使用されている金襴の生地を使ったミニ兜作りの体験ができます。制作したミニ兜はお土産にお持ち帰りいただけます。
※有料:1つ300円

登壇者

松戸手作り甲冑愛好家 高橋貴美子

14:30~15:30 お城イラストの描き方

お城を絵にしてみませんか!『歴史群像』の連載などで、城の復元イラストを多数描いてきた講師が、お城を描くノウハウを伝授します。前回もご好評いただいたこの講座、今回はさらにパワーアップして名城にチャレンジ!織豊期の城をテーマにします。お城をかっこよく描いてみましょう。

登壇者

お城イラストレーター 香川元太郎

14:30〜15:30 オリジナルお城年賀状を作って投函しよう!

日本が誇る年賀状文化。このワークショップでは「お城」をテーマに、世界にひとつだけの年賀状を作成します。お子さまに年賀状を書く楽しみ・喜びを体験していただくイベントです。宛先の書き方から、ステンシル・消しゴムスタンプを使った絵柄の入れ方までレクチャーします。会場には模擬ポストを設置しており、ポストに差し出す体験が出来ます。お子さまと是非ご参加ください。

登壇者

日本郵便株式会社 南関東支社

16:00~17:00 萩原さちこのドキドキ発掘体験~長沼たけしと語る美濃金山城跡の発掘!~

全国の城跡で発掘調査が行われ、その成果については現場説明会などで情報を得ることができます。近年では、調査中の現場を常時公開するなど、発掘調査が身近になっています。
ただ発掘調査がどのような目的・方法で行われるのか、その過程でどのようなことが起こるのか、まだ知らない方が多いと思います。岐阜県可児市の美濃金山城跡で行われた調査に参加した萩原氏が、可児市教育委員会の長沼氏と美濃金山城跡の発掘を語ります。

登壇者

長沼毅、萩原さちこ

16:00〜17:00 ダンボール甲冑体験

「着れちゃう!ダンボール」は、あらかじめ切れ込みの入った段ボールパーツをくりぬき、折りたたんで組み合わせ、プラ製のジョイントパーツで繋げるだけで甲冑を作れてしまう、道具不要の工作キットです。その名の通りダンボール製でとても軽いため、簡単に作れて着て遊ぶことができる本商品ですが、よりかっこよく作るにはほんの少しのコツがあります。そのコツをインストラクターが紹介しながら一緒に組み立てていきます。
※有料:子供用2,480円、大人用2,980円(税別)

登壇者

ショウワノート(株)

※プログラムは変更になる場合がございます。

ページの先頭へ